ホーム > 折込広告・全域配布 > 全域配布の特徴

全域配布の特徴

Point1

新聞読者以外にも配布
中日新聞朝刊購読世帯には中日新聞に折込、他紙購読世帯+新聞未購読世帯には各地区発行のフリー情報紙と共に指定エリアへ配布します。

Point2

圧倒的なカバー率
中日新聞を購読していない世帯にも配布可能で、東海三県内(一部地域を除く)の配布可能エリア約80%※1をカバー。
(※1)世帯カバー率は、各販売店により異なりますのでご了承ください。

Point3

折込広告と同一単価
各地区発行のフリー情報紙に折り込んで、中日新聞未購読世帯に配布した場合も通常の折込広告と同一単価です。


  • 配布実施可能日

    愛知県は毎月第2・4金曜日に、岐阜県と三重県は第4金曜日に配布します。
    (地域によっては配布完了まで2,3日頂く場合もございます。)
    但し、12月の実施日は変則となりますので「2017年全域配布日程表」をご覧ください。
    「2018年全域配布日程表」